膣内射精障害

【経験人数9名】30歳 膣内射精障害のセックス全記録(不感症・実名顔出し)

膣内射精障害 セックス 全記録

どうも、カルロス(@cantfinsex)です。

僕は膣内射精障害として、現在30代に入りました。

膣内射精障害とは性行為の最中に射精しない症状のことを言います。

簡単に言えばでセックスでイケないことです。

膣内射精障害 あるあるイケないなぁ・・・

それは相手との相性や、相手のテクニックに起因することではありません。

オナニーではイケるんですが、セックスではイクことが難しいです。

僕は30年間で9名の女性とセックスをしてきましたが、(例外を除いて)一度もイッたことはありません。

 

そんな僕の歴戦の経験をすべて、ここに連ねていくことにします。

 

実名顔出しというのはのことであって、相手のことではありませんよ!w

ご理解よろしくお願いしますw

膣内射精障害者のセックス①:野村證券の同期社員と[2011年23歳]

僕の初体験は23歳の時。

新卒で野村證券に入社しました。

その時の経験は記事にしっかり記録しております。

そして初体験、童貞卒業に関することも実は詳しく書いてあります。。。

 

[box class=”yellow_box” title=”野村證券に関する記事”]

野村證券の辞め方。新卒入社1年半、僕は給料泥棒でしかなかった。

[/box]

 

要するに

 ① 同期の女性社員と付き合うことになった

 ② 付き合って1週間後に、初体験をした

 ③ イケなかった

という次第であります。

 

カルロス
カルロス
セックスって、、こんなものか・・・

23年間、あらゆるジャンルのAVにより妄想し尽くされ、ラグビーによって培われてきた腕っ節によるオナニーの前には、通常のセックスは僕にとっては刺激が足りなかったようです。

正常位で腰を振っている時「ズレるなぁ・・・どうすればいいんだろう・・・」と思ったくらいでした。

 

結局この子とは半年間ほどお付き合いをしましたが、その間2週間オナ禁をしてセックスに臨んでみたりしましたが、イクことはできませんでした。

カルロス
カルロス
(2週間後、彼女とセックスし、その後家で帰ってしたオナニーは格別でした)

膣内射精障害者のセックス②:「濃い顔がタイプすぎる」大阪でできたセフレちゃん[2014年24-5歳]

2014年、僕が24-5歳頃の時。

そのちょっと前にはネットワークビジネスに関わっていました。

その時に人と会うために合コンを開催しまくり、結果的に「合コンの開催術」を体得しました。

その後、ネットワークビジネスから足を洗った後も、趣味で何度か合コンを開催していました。

 

1年間合コンを開きまくってもネットワークビジネスのビジネスパートナーも彼女もできませんでしたが、足を洗った後に開催したら1人セフレちゃんができました。

彼女は

[voice icon=”https://iamied.com/wp-content/uploads/2019/03/a.png” name=”大阪のセフレちゃん” type=”l”]私、濃い顔がめっちゃタイプやねん[/chat]

と言っていました。

なので、僕が

カルロス
カルロス
んじゃぁ、アラブとかの中東に行ったらどうなっちゃうの??

と聞くと

[voice icon=”https://iamied.com/wp-content/uploads/2019/03/スクリーンショット-2019-03-11-17.00.09.png” name=”大阪のセフレちゃん” type=”l”]そんなん、考えられへ〜ん!!♡♡♡[/chat]

と言っていました。

 

顔が濃い人がタイプということは僕がめっちゃ好みになります。

飲みに行った2回目の終わりに

[voice icon=”https://iamied.com/wp-content/uploads/2019/03/a.png” name=”大阪のセフレちゃん” type=”l”]帰りたくないねん。[/chat]

と言ってくれました。

このワードって男が言われたい言葉ランキングTOP3に入りますよね・・・♪

帰りたくない

そうして一緒に夜を共にすることになりました。

 

大阪のセフレちゃんはとにかく超敏感ちゃんでした。

「感じやすい」女性だったのです。

だから“乳首だけでイッちゃう”ぐらいです。

僕は

カルロス
カルロス
我はテクニシャンなり!!!

と勘違いしてしまうほどでした。

 

彼女との日々はセフレと言えど、恋人みたいなものでした。

広島に単独乗り込んで事業を立ち上げているときに、わざわざ会いに来てくれたのはいい思い出ですね。

とっても楽しいの日々でした。

ありがとう!

膣内射精障害者のセックス③:僕の人生における初恋の相手・幼馴染と[2015年26歳]

26歳の時、小学校の同級生同士の結婚式がありました。

僕はそこで初恋の相手と再会できることは目に見えていました。

なので、そのチャンスを逃すわけにはいきません。

 

会の最中、彼女はオーストラリアにワーホリに行く予定ということを聞きました。

僕は青年海外協力隊で海外に行きたいと思っていたので、海外志望という共通点が生まれます。

なので、後日飲みに誘うことに成功しました。

 

その後、数回会うことを重ね、彼女とはお付き合いすることになりました。

でも彼女は1ヶ月後にはオーストラリアに旅立ってしまいます。

期間限定のお付き合いとなりました。

 

僕はフリーターの身でしたし、アリさんマークのバイトを調整しては彼女とデートをたくさんしました。

それでも彼女とのお別れの日時は日に日に迫ってきてしまいいます。

最後に何かしてあげたいと思い、僕は彼女にラブレター(小説)を書くことにしました。

 

登場人物は「僕」と「彼女」。

彼女と一緒だった幼稚園、小学校、中学校の思い出を書き、会えない期間のことも書きました。

そして再会のシチュエーション、その後のデートの日々も書きました。

ある日はスタバで彼女が目の前で英語の勉強をしている中、ノートパソコンを挟んで彼女に見えないように執筆を続けました。

 

最後の日、よみうりランドのジュエルミネーションを見に行きました。

そこで、僕の数万字に渡る、渾身の作品を彼女に手渡しました。

本になるように印刷し、表紙にはタイトルを書きました。

「僕は再び恋をした。14年越しのきみに」

彼女はとても泣いてくれましたね。

僕は泣く予定はありませんでしたが、もらい泣きをしてしまいましたね。

彼女との1ヶ月の恋人生活はあまりにも幸せだったので、僕も会えなくなるのはとても寂しくなりました。

 

僕の人生における一番の大恋愛でしたね。

最高の思い出を本当にありがとう。

膣内射精障害者のセックス④:「ファンに手を出しました」ブログ読者とのセックスライフ[2015年27歳]

僕は25歳あたりからブログを開始し、ある程度の人に読まれた結果、いろんな人に会えるようになりました。

そして僕に会いにきてくれたSちゃん

彼女とはとても仲良くなり、3度目に会うときに一線を超えました。

 

彼女は一線を超えることにより、今までの関係性が壊れることを恐れました。

でも実際には一線を超えることにより、とても仲良くなりました。

 

彼女はもともと僕のブログのファンです。

面白いことはオールOK!という性格だったので、ある打診をします。

カルロス
カルロス
Sさんとセックスした件、ブログに書いていいかな??

その後、僕が書き上げたブログを見せると、

[voice icon=”https://iamied.com/wp-content/uploads/2019/02/S.png” name=”Sちゃん” type=”l”]いい記事だね、ぜひ公開しちゃって^^[/chat]

と言われたので公開しました。

こちらの記事です。

 

[box class=”yellow_box” title=”ファンに手を出しました”]

ファン

ファンに手を出しました。5ヶ月ぶりのセックスでカルロスはイケたのか?!

[/box]

 

公開後、それなりに反応がありました。

[voice icon=”https://iamied.com/wp-content/uploads/2019/03/d.png” name=”ブログ読者” type=”l”]おい、ヤリチンブロガーだぞ!!w[/chat]

そんなことも言われました。

でも、ここに書かれている通り、僕の経験人数、たったの4人ですよw

ただの偶発的な1回を書いただけで、世ではヤリチンになれるんですねw

これには驚きました 笑

 

その後もSちゃんとは、同棲している彼氏が不在にしている昼間に伺ってはセックスすることを続けていました。

2年弱くらいですかね。

その間、こんなこともありましたし・・・w

[kanren postid=”119″]

 

今でも仲良いのですが、そういう関係ではなくなりました。

僕の貧乏時代、ご飯をいつもご馳走してくれたし、いつも一番近くで応援してくれていました。

あの時の僕を支えてくれたのは間違いなくSちゃんですね。

心から感謝します。

 

補足

「ファンに手を出しました!」と記事を書く前には「性生活をカミングアウト」と自分が膣内射精障害であることを公開していました。

この時の反響もとてもすごかったですね^^

【性生活をカミングアウト】僕は26年間、イッたことがない。 : もっと楽しく!

膣内射精障害者のセックス⑤:乱交パーティーで人妻と・・・[2016年28歳]

下ネタを発信していると、アングラの界隈から連絡があったりします。

ブログを通して知り合った風俗嬢は、10名程度でしょうか。

想像もしてなかった縁に恵まれて、非常に面白い展開です。

膣内射精障害 あるあるいつも話題は性のど真ん中です。

1人は僕の知り合いの市議会議員の愛人をやっていたりします。

その方は家族愛を前面に出して政治活動しているのに、裏では政務調整費を使って愛人を囲っているわけです。

それにはガッカリしましたよね。。。w

 

[box class=”yellow_box” title=”緊縛イベントにも誘われました”]

結構古い話ですが、とある風俗系女性と知り合った結果、緊縛のイベントに招待されるようになりました。

タイトルが「ほっこり縄セラピー」「がっつり縄セラピー」でした。

開催回数も「第20回」くらいは書いてあったので、ニーズのある人気な講座だったのでしょう。

価格は

 ◼︎ ほっこり縄セラピー 2,000円

 ◼︎ がっつり縄セラピー 18,000円

という感じで、ほっこりでは座学を、がっつりでは実践をという形式でした。

僕は実際に受講はしませんでしたが、Sちゃんは参加して感銘を受けていましたね。

いろんな世界がありますね〜・・・

[/box]

 

ある界隈(伏せておきます)と接触するようになると一つのイベントから招待されるようになりました。

まず、前半タイトルが「新年会」と書いて「ちんねんかい」と読ませます。

そして、後半は「いちゃいちゃパジャマパーティー」とありました。

内容を読みますと服装はパジャマで指定され、そして注意書きのところにはこう書かれています。

 

[aside type=”warning”]注意

ちまたに溢れているような乱交系イベントとは異なります。

 

カルロス
カルロス
ふむふむ。

僕は(当時)人生28年間生きてきた中で、一度も乱交系イベントとは出くわしたことがありませんでした。

様々な世界があるんですね。。。

 

潜入レポを書くべく、高い金額(男性8,000円、女性1,000円)を払って参加してみました。

その会は外れ会だったのか、男性10名以上、女性3名といったアンバランスな会となってしまいました。

僕はいの一番に知り合いの人妻とプレイルームに行き、セックスをしました。

彼女はもともと僕のブログを読んでいてくれて、僕とお茶をしたことがありました。

人妻とセックスすることに罪悪感などは一切ありませんでした。

というのも、彼女も彼女の旦那も複数の恋愛関係を許容しているからです。

彼女は魅力的な女性だったのでとても素敵な時間でした。

 

その後、その人妻さんはあらゆる男性に抱かれていたようでした。

実際のところを見ていないのわかりませんが、そんな世界もあるんですね〜・・・w

膣内射精障害者のセックス⑥:ポリアモリー界隈で出会った同い年女性と[2017年28歳]

当時、僕は“ポリアモリー”という実態を知り、とても世界が広がりました。

ポリアモリーとは複数恋愛を許容するパートナーの関係性のことを言います。

男女関係を全て共有して、誠実に人付き合いをするというものです。

中には複数の恋人がいる人もいますが、人間関係はグラデーションなので、様々な形のカップルが実在しています。

 

[box class=”yellow_box” title=”参考記事”]

【書評/レビュー】わたし、恋人が2人います。ーポリアモリー複数愛という生き方。きのコ

[/box]

 

ポリアモリーの人たちが集うイベントで出会ったのがPです。

彼女は同い年で、作家を夢見る勤め人でした。

同い年ということもあってすぐ仲良くなり、僕にとってPは魅力的だったので飲みに誘うようになりました。

 

数回会った後に、一線を超えるようになりました。

Pは僕のことをタイプでもなく、男性としてそんなに好意を抱いているわけではないようでした。

彼女とは2度身体を交わらせましたが、その後会うことはありません。

僕が全国各地転々としているため、都合が合わなかったからです。

その後会うことを打診しても、何らかの理由でいつも断られるようになりました。

 

彼女の特筆すべき点は「セックスOK・キスNG」というところでした。

セックスOK キスNG

こんな女性とは今まで出会ったことなかったので、非常に興味深かったです。

M子ちゃんもこの感覚には共感するようでした。

膣内射精障害者のセックス⑦:アニメ声M子ちゃん[2017年29歳]

7人目に出会ったのはM子ちゃんです。

きっかけはペアーズでしたが、今後一緒に人生を共にしていくつもりです。

[kanren postid=”82″]

彼女はポリアモリーに理解がある女性です。

他に3人の男性と関係を持ちながら、僕の付き合ったりしました。

 

彼女は僕のブログを面白がってくれたので、はいろんな企画をしましたね。

 ① フィリピンバイアグラを使ってセックスをしているところを録音して、その後文字起こしした(諸事情により削除済み)

 ② 亀甲縛りをお互いにして(諸事情により削除済み)

彼女とは今後一緒に生活していく予定なので、その展望を対談してみたりもしています。

今後も一緒にコンテンツを作っていければ嬉しいですね^^

関連記事:ペアーズで出会った女性と2回目でセックスしたし、その子と人生を一緒に歩んでいく話。

膣内射精障害者のセックス⑧:交際期間0日で結婚したブログ読者。[2017年29歳]

僕、2017年11月にブログ読者と交際期間0日で結婚しました。

奥さんはシングルマザーで3女いるうちの長女と次女が児童相談所に連れて行かれてしまったんですよね。

彼女の話を聞く限り、家庭には問題はなさそうでした。

僕自身、ネットで問題のない家庭から子どもを連れて行ってしまう児童相談所の実態を知っていました。

なのでそれを救うためには何ができるか、と聞いたところ「結婚して父親として取り返して」と言われました。

(今思うとエビデンスのないネット記事でした。)

僕も結婚にそれほど重きを置いていなかったので、すぐに結婚しました。

結婚奥さんは遺産相続で財がありました。
その資金を使って行ったバリ島新婚旅行の
ウェディングフォトです。

 

それから連れ戻そうと努めてみたものの、家庭の問題がたくさん出てきました。

近所からも数件「虐待している」という通報がありましたし、奥さんが実際に暴力を振るっているところをみた人も現れました。

結局、精神疾患を抱えた、問題のある女性だったんですよね。

 

その後、僕の親友と不倫関係になり、それをも「僕が仕向けたレイプ」と主張する有様。

今は連絡を取ることはなく、そのまま放っておいています。

詳しくはそれだけで記事にしたいと思っています。

かいつまんだ情報はTwitterのモーメントにまとめているので、興味あればどうぞ^^

 

[box class=”yellow_box” title=”Twitterモーメント”]

⚡️ 奥さまはサイコパス

[/box]

膣内射精障害者のセックス⑨:経験人数300人超えの23歳美女と[2018年29歳]

23際にして経験人数が300人を超える逸材と行いました。

クライアント会社 女性社員

彼女は実名顔出しOKと言っていましたが、一応目線を入れています。

 

この経験はとてもユニークなものになりました。

クライアント会社 女性社員

なので、詳しく記事にまとめています。

[kanren postid=”153″]

よかったら前編から読むことをおすすめします〜♪

[kanren postid=”157″]

まとめ:膣内射精障害でもセックスは好きだし、気持ちいいです

結論ですけど、膣内射精障害だろうがセックスは好きです。

それはオーガズムとか関係なく、大切な女性と寄りそえるだけで幸せだからです。

セックスは特別な相手との特別な行為に他なりません。

僕個人の考え方では特別な相手とはより特別になりたいし、また特別な相手を増やしていきたいとも願っています。

 

さらに言えば、、身体を交わらせた方が相手の深いところを知れると思っています。

恋人とかも関係なく、親身であれば交わらせてみたいなと思っています。

僕はワンナイトなんで出来ませんし、一度交わった人は生涯大切にしたいと思っていますよ!

 

そんな膣内射精障害歴30年の人間の記録でした^^

今後も経験が増える度に更新していきたいと思っています!

関連記事

「膣内射精障害者のセックスの終わる方法」を満を辞して語ります。

【実は経験人数13名です】膣内射精障害者の風俗での本番行為の体験談

【告白】膣内射精障害だけど、実は3回だけイッたことがある

膣内射精障害者あるある12選。(不感症、セックスでイケない男)

 

関連記事:TENGAメンズトレーニングカップを使ってみた